読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世話人日記

「プチ・ブルベ山城100km」の公式ブログです。

キックボードでサーキット・・・事故りました・・・

フットバイク

18日の鈴鹿エンデューロ、天気も快晴で絶好のレース日和でした。
6時間の部にソロでエントリーして快調にラップを重ねていました。ま、所詮はキックボードですから自転車の半分位のペースだったですけどね。午前中の3時間で10周。午後からはさすがに疲れてきて目標の20周はちょっと無理かなぁ、せいぜい15、6周どまりかなぁとかなんとか思いながら走っていたのが2時ごろだったんじゃないでしょうかね。
と、突然、意識が飛びました。
コースのどのあたりを走っていたのかってことも、どんな風に倒れたのかってことも覚えていないんです。
今、覚えているのは仰向けに倒れてコースサポートの方と、接触したライダーの方が「大丈夫ですか?」って心配そうに声をかけてくれていたところからです。
目が覚めたときは後ろから接触があったことははっきりと覚えていましたが、今はその記憶は消えています。
顔全体がヒリヒリと痛みます。口の中も切ったみたいだし前歯も二本グラグラになってます。
倒れたときに顔をかばったのか手も血まみれになっていました。アイウェアは真ん中からポッキリと折れちゃってました。後から気づきましたがグローブも血まみれです。少しだけ手のひらに内出血もしていましたからどうやら倒れるときに顔面をカバーしたんでしょうね。直接アスファルトにキスをしちゃったわけではなかったみたいです。
すぐにコースサポートの方が救急車を手配してくれて救護所へ搬送してもらい応急処置。
骨にも異常はなさそうでしたが前歯に入れていた差し歯が一本抜けちゃいましたし、その隣の健康な歯もぐらぐらになっちゃいました。唇は上下とも腫れ上がっちゃって顔面に大きな絆創膏をベタベタ貼ってもらった顔はなかなか痛々しかったようですね。救護所を出るときは気づかなかったんですが、後で鏡を見てびっくりしました。
救護所の出口では後ろから接触した人が気を遣って待っていてくれました。連絡先を教えあってお別れしましたが、あちらは怪我はなかったとのことですが自転車が壊れちゃったらしいです。
こちらはキックボードっていうただでさえ目立つし他の自転車の流れに乗れない乗り物ですから、極力回りに迷惑をかけないようにコースの左端をトロトロと走っていたんですけどね。急なコース変更もした覚えはないのですけどね。ま、いくら慎重に走っていても事故は起こっちゃうってことですね。
幸い顔面以外はほとんどなんともないので、そのまま身繕いして駅までキックボードで走って帰り、そこから電車に乗って帰ったんですが、まわりの人は引いたでしょうねぇ。
 
さっきも書きましたが事故の際はコースサポートのかたが救急車へ連絡してくださったのですが、そのとき「事故をされたのはキックボードの方です」っておっしゃってたのがちょっと笑えました。やっぱりそれなりに目立ってたんですね。目立つだけに、まわりには迷惑をかけないように慎重にコースを選んでいたつもりだったんですけどね。それだけに後からレースのスタッフと思しき方から「毎回の参加ありがとうございます」「いつも慎重にコースを選んで走ってたのにね」って言ってもらえときはかなりうれしかったです。
見てくださってる方は見てくださってるんですね。

さて、今回限りでキックボードでのサーキット挑戦は打ち止めにしようと思っていたんです。ほんとは昨秋でおしまいにしようと思っていたんですが、雨で思いっきり走れなかったんでね、天気のいい日に思いっきり走ってお開きにしたい!って思ってたんです。で、昨日のレース。絶好のコンディションで途中までは「これでいよいよ卒業できるぞぉ」とか考えながらヘロヘロと走ってたんですよ。それがこの事故です。
また不完全燃焼になっちゃいましたよ。
秋にもエントリーしないと収まりがつきませんよ。
 
それまで、体力保つかなぁ。