読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世話人日記

「プチ・ブルベ山城100km」の公式ブログです。

びわこ一周ロングライド・・・こんなのあったんですね・・・リカンベントはまだ「はみ子」

18日付けの京都新聞でみたんですが、3月18日に長浜をスタート、ゴールに設定したびわ湖一周自転車イベントがあるそうです。
http://jtbsports.jp/contents/biwaichiride/
  
主催は「びわ湖一周ロングライド2012実行委員会」
協力「滋賀県」、特別協賛「財団法人JKA」ってありますから、かなりお金をかけた大掛かりなイベントみたいですよ。
定員が1200人ですってよ。すでに700人がエントリーされてるようです。
かつての「びわ湖一周サイクルマラソン」の復活ってところでしょうかね。 
 
ロングライドチャレンジのきっかけには「琵琶湖一周」ってのは魅力的ですよね。
私は参加するつもりはありませんけど、大会が成功する事を祈ってます。
 
大きな組織が運営する大会ではなんやかんやと取り決めが多くなって、自転車の一番の値打ちである所の「自由度の高さ」とでも言うものが制限されちゃうんじゃないかなぁ、ってちらっと思っちゃったりもするんですけど、広い琵琶湖ですから、主催者が締め付けようにも締め付けようが無いかも・・・しれませんね。
 
とかなんとか書いているうちに、ちょっと気になる言葉をみつけました。
大会規則の中に、こんな文言があるんですよ。

            • -

3.装備および自転車の形状について
公道を走れる自転車で参加すること。(但しリカンベント、電動機付自転車、ママチャリは不可)(DHバーの装着禁止)

            • -

リカンベントは、未だに認められていないんですね。
こんなところまで、かつてのサイクルマラソンの復活、なんですかね。
 
キックボードで参加したら、主催者はどんな顔するかな?
 
※タイトルにある「はみ子」ってのは、関西の言葉で「はみだしっ子」「よけい者」「除け者」
みたいなニュアンスの言葉です。